第一部 機械工学科 計測系プログラム紹介

HOME>計測系プログラム 紹介

計測系プログラム

計測技術は「ものづくり」のあらゆる面において重要な役割を果たし,機械工学はもとより広く科学技術全般の進展において中軸的な位置を占めるものの一つとなっています。計測系プログラムでは,現代物理,数理,計算科学の基礎的素養の修得の上に,実験手法と,これに並び21世紀の中心的な工学手法である計算手法を両軸として,電気・電子計測,光計測,量子計測,ナノ物性計測,制御,データ解析,数理物理モデル化,シミュレーションなど,ハードからソフトに至る計測技術の体系的習得を目指します。このことにより,様々な自然・工学現象を正確に把握・予測できる能力を持ち,高度知識集約型技術立国を目指す産業社会を「はかる」観点から支え先導できる人材育成を目指します。

計測系プログラム  プログラム長

教授  市川 洋

計測系プログラムの詳細情報は下記ページをご覧ください。